きれいな口元

postheadericon クリニック選びで変わる

従来の歯医者における歯科治療は、虫歯や歯周病の回復改善を目的とし、費用も健康保険の適用内で留めることが主であったため、長期間が経過すると変色するなどその審美的な面においては課題が残っていました。
しかし近年の審美歯科治療の発展により、歯の機能を健康的に回復改善しながらいかに美しく見せるかという点に重きを置く審美歯科が注目されており、現在では多くの歯医者で審美歯科治療が取り入れられています。
矯正歯科も審美歯科の発達によって大きく内容が変化してきた治療法のひとつです。
矯正歯科とは不正咬合(いわゆる出っ歯や八重歯、受け口など)や悪い歯並びに対し、口内に矯正器具を装着し一定の力を与え続けることによって人工的に歯を動かし、歯並びやかみ合わせを調整する治療法です。

従来の矯正歯科治療はブラケットと呼ばれる金属製の矯正器具を口内に装着することでありワイヤー矯正とも呼ばれています。
通常2~3年間このブラケットを口内に装着するため、見た目があまりよくないことが難点であると言われてきましたが、最新の矯正歯科治療では目立ちにくいセラミックブラケットやクリアーブラケットと呼ばれるものが登場し、色も透明や白色であることから劇的にワイヤーが見えにくくなるため治療期間内の歯の見た目をも美しく保つことに成功しました。
また最も新しい治療法として矯正器具を取り外すことができるマウスピース矯正を取り入れている歯医者も増えています。
治療期間内もより美しく、ストレスフリーに過ごせるよう、矯正歯科を始めるにあたって自分に合った歯医者選びも重要なポイントとなってくるでしょう。

矯正器具を付けた女性

postheadericon 美しくしてくれる歯科治療

機能的な側面を除く外見的な美しさを追求する審美歯科ですが、これたんなる美容的な歯科治療とは異なります。
多くの場合、黄ばんだ歯の白さを取り戻すホワイトニング等が審美歯科の分野と認知されています。
しかし、一方で矯正歯科といった歯列の修正治療も審美歯科の分野に含まれることがあり、いちがいに歯医者による美容的な治療と判断することができない分野となっています。というのも、外見的な美しさをいかに追求し、維持することは審美歯科の命題ですが、口内健康の実現には美容的な側面も欠かすことができないからです。

例えば、矯正歯科は本来あるべき筈の場所に歯の位置を戻すことで正常な歯列を作りますが、その反面、歪んだ歯列を歯医者が矯正することで不正咬合や顎変形症の治療に繋げることが矯正歯科における優先的な目的とされています。
また、審美歯科に含まれる代表的な歯科治療として、矯正歯科の他にもオールセラミックがあげられます。
これは虫歯の治療などでやむなく削りとってしまった歯の上に被せる人工歯で、従来から存在するクラウンと呼ばれる人工歯の派生品として位置づけられています。
しかし、従来までの金属性だったクラウンとは大分異なり、強度・透過性が著しく向上したセラミック素材の実用化によって、術後はより本物の歯に近い感覚と外観を楽しむことができるのです。
審美歯科の専門医は当然のことながら一般的な歯医者です。
美容的な治療として解釈される一方で、審美歯科にせよ矯正歯科にせよ、担当する専門に差異はあっても全て歯医者が行います。
この事実だけでも、口内の美しさが健康に直結していることを表す十分な証拠となっています。

日本でも欧米や北欧の方々の歯の健康や美しさに対する高い意識を学び、近年では歯並びやホワイトニング、予防歯科等を積極的に行う人が増えています。
歯医者は虫歯や口の中のトラブルを感じてから行く場所ではなくその様な状態になる前に歯や口の中の健康維持を行う為に足を運ぶ場所、という意識を持つ人が増え子供達にもその様な指導する事で歯の健康に対する意識を高める運動も進んでいます。
治療が目的ではなく歯の健康維持を目的に幼児の頃から通うので歯医者に対する恐怖心がなくなり、虫歯等のトラブルが起こった場合も治療に入りやすいのがメリットです。